https://www.youtube.com/watch?v=qdThQjbZS5Y

ひらかた東支部練習と机上用的脚

ひらかた東支部練習に行き、机上用的を拝見しました。
N副支部長の元で支部員さん達が熱心に楽しく錬習されていました。
関西支部のMさんとDさん枚方くらわんか支部のTさんも参加されました。
中川先生がカルチャー教室のTさんを誘って出張昇段試験に来て下さいました。
画像

平日錬習故に小中支部長は不在でしたがN副支部長が錬習を盛り上げられてました。
関西支部のDさんが製作された長机の上に据え付ける的脚です。
画像

十字形の基部は片方のパイプをスライド後に固定します。
画像

画像

的板はMDFに明けた釘穴にピン止めしてプラダンを挟んでパイプを挟みます。
画像

画像
画像

縦パイプは高さ決めの治具を取り付けておきその直ぐ上にMDF板にビス止めしたパイプ挟みまでパイプ最上部から差し込みます。
画像

画像

最後にパイプ先端に的照明器具を取り付けます。
画像

細部まで良く考えて製作されました。
画像

机上に置く的としてはイレクターパイプ(又は別製品名:スペーシアパイプ)で安定させる事ができます。
お茶タイムは来年の藤井寺しゅら支部大会や他支部の話題等話は尽きませんでした。
画像

ひらかた東支部のKさんと枚方くらわんか支部のTさんが三段を受験され見事に合格されました。
画像

楽しくタップリと錬習できました。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

矢野
2011年12月23日 12:04
卓上的台という発想は、会場に必ずあるであろう机を利用する点で素晴らしいですね。下手な足を付けるよりも、机の方がしっかりしているので、安定感もあるでしょうし、何よりも持ち運びが楽になりますよね。
壮快吹矢
2011年12月26日 11:52
机の高さは規格化されていますから、的脚の高さを定めるには微調整を考慮する必要も少ないから良い作品です。
使用する組み立てパイプシステムは色んなツナグ部品が多くありアイデア次第でもっと高製品になりそうです。
又、筒立にこのパイプシステムを利用されている方も多くあり、便利です。

この記事へのトラックバック